入力文リスト
羅生門 (芥川龍之介) 13分割入力文の数= 13

平安時代、羅生門の楼の二階で老婆が若い女の死骸から髪の毛を引き抜いていた。荒廃した平安京を舞台に人間のエゴイズムを描く芥川龍之介の代表作の一つ

作家や目的で選ぶ