入力文リスト
檸檬 (梶井基次郎) 9分割入力文の数= 9

檸檬(れもん)は梶井基次郎の代表作。きっとあなたも、レモンイエローの絵の具をチューブから搾り出して固めたような、檸檬を買いたくなるでしょう

作家や目的で選ぶ

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    546
    IA00363 (2019-07-24 評価=3.85)

    「檸檬(れもん)」は自分の心境を独特のタッチでつづる梶井基次郎の代表作。――えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終おさえつけ、始終私は街から街を浮浪し続けていた
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    664
    IA00364 (2019-07-24 評価=4.20)

    私は路を歩きながら、京都ではなくて別の市を歩いている錯覚を起こそうと努める。錯覚が成功しはじめると、その上のに想像の絵具を塗りつけ、現実の私を見失うのを楽しんだ

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    379
    IA00365 (2019-07-24 評価=4.00)

    私にはまるで金がなかった。だから、二銭や三銭で、贅沢な美しいもの。そう言ったものが私を慰めるのだ。私の好きだった所は、たとえば丸善(当時 書籍、雑貨中心の百貨店)
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    514
    IA00366 (2019-07-24 評価=4.00)

    友人の下宿を転々としていた頃、私は友達が登校すると、街をさまよい出なければならず、ある日私は寺町の果物屋で足をとめた。果物があんな色彩でうず高く積まれていた

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    503
    IA00367 (2019-07-24 評価=4.00)

    寺町通は賑やかな通りだが、この家は夜が美しく、しかも、店頭の周囲だけが妙に暗いのだ。とくに近所の和洋菓子店、鍵屋の二階の窓から見た果物店の眺めは私を興がらせた
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    385
    IA00368 (2019-07-24 評価=4.00)

    その日、店には珍しく檸檬が出ていて、私は一つ買った。私は檸檬が好きだ。レモンエロウの絵具をチューブから搾り出して固めたようなあの単純な色も、紡錘形の格好も

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    678
    IA00369 (2019-07-24 評価=4.00)

    肺尖を悪くしていた私には、その檸檬の冷たさは快いものだった。単純な冷覚や触覚や嗅覚や視覚が私にしっくりした。――つまりはこの重さなんだな―― 私は幸福だったのだ
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    705
    IA00370 (2019-07-24 評価=4.00)

    どこをどう歩いたのか、私は丸善にずかずか入って行った。だが、幸福な感情はだんだん逃げ、憂鬱が立てこめて来た。私は絵を集めた画本の棚の前に行った

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    607
    IA00371 (2019-07-24 評価=4.00)

    私にまた先ほどの軽やかな昂奮が帰って来た。……不意に起こった私のアイデアとは?