入力文リスト
蜜柑 (芥川龍之介) 8分割入力文の数= 8

芥川龍之介が横須賀線の列車で見かけたある日の風景。13歳ほどの田舎の少女の様子がみごとに活写された、すがすがしい読後感の作品です

作家や目的で選ぶ

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    298
    IA00689 (2020-04-07 評価=3.00)

    横須賀発の列車の二等客車に乗り込んだ私(芥川龍之介)。私は疲労と倦怠感で、夕刊を読もうという元気さえ起こらなかった
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    376
    IA00690 (2020-04-08 評価=3.00)

    汽車の発車間際に、十三四の小娘が慌ただしく乗り込んできた

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    412
    IA00691 (2020-04-09 評価=3.00)

    小娘は大きな風呂敷包みを抱いていて、三等車の切符を握っていた。私は二等(現在のグリーン車相当)と三等(普通車相当)の区別もつかない彼女の愚鈍さを腹立たしく思った
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    375
    IA00692 (2020-04-10 評価=3.00)

    私は夕刊の紙面を見渡したがくだらなく感じ、窓枠に頭をもたせて、うつらうつらしていた

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    463
    IA00693 (2020-04-11 評価=3.00)

    小娘が席を私の隣へ移して、しきりに列車の窓を開けようとしている
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    403
    IA00694 (2020-04-13 評価=3.00)

    ちょうど汽車がトンネルに入ると同時に窓が開き、蒸気機関車の煤煙が車内に入ってきたが、トンネルからはすぐ出て、かわりに土や枯れ草の匂いが流れ込んできた

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    573
    IA00695 (2020-04-17 評価=3.00)

    小娘はなぜ窓を開けたのか? この節ですべてが明らかになります
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    331
    IA00697 (2020-04-17 評価=3.00)

    私はそれを見てどう思ったのか? ぜひ最後まで入力してみましょう