入力文リスト
走れメロス (太宰治) 22分割入力文の数= 22 <<  1  2   >>

王の暴虐な行為を正そうとしたメロスは死刑を宣告され、親友を人質に三日間の猶予を求めた…。30歳の太宰治が友情をテーマに執筆した不滅の短編小説

作家や目的で選ぶ

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    493
    IA00720 (2020-05-03 評価=4.75)

    メロスは妹の結婚式の品々を買うためにシラクスの市にやって来た。だが市は妙にひっそりとしていた
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    537
    IA00721 (2020-05-03 評価=4.50)

    路で逢った老爺は、ひっそりとしている理由は王が親戚や賢臣をはじめ、大勢の人を殺すからだ、と答えた。メロスは激怒した

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    430
    IA00722 (2020-05-03 評価=4.50)

    メロスは王城に入ったが、すぐに捕縛されて王の前に引き出された。人の心を疑うのは最も恥ずべき悪徳だと主張するメロスに対し、暴君は「人間は私欲のかたまりだ」と反論した
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    437
    IA00723 (2020-05-03 評価=4.50)

    メロスは妹に結婚式を挙げさせるため、王に処刑まで三日間の猶予を申し出た

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    467
    IA00724 (2020-05-03 評価=5.00)

    メロスは、友人のセリヌンティウスを人質にする事を申し出た。王はほくそ笑み、三日目の日没までに帰らなければ、友人を処刑し、メロスの罪は永遠に許してやる、と約束した
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    518
    IA00725 (2020-05-03 評価=5.00)

    セリヌンティウスは王城に召され、縄打たれた。メロスは一睡もせずに村へ帰り、妹に翌日結婚式を挙げるよう告げた

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    523
    IA00726 (2020-05-03 評価=5.00)

    結婚式は無事行われ、皆は陽気に歌をうたい、手を拍った。だが、外は車軸を流すような大雨が降っていた
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    473
    IA00727 (2020-05-03 評価=5.00)

    メロスは、一生このまま村にいたい、と思ったが、出発を決意した。花嫁に結婚の心得を話すと、出発の前に一眠りすることにした

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    389
    IA00728 (2020-05-03 評価=5.00)

    メロスは翌る日の薄明かりの頃眼が覚めた。すぐに出発すれば十分間に合う。雨もいくぶん小降りになっていた
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    417
    IA00729 (2020-05-03 評価=5.00)

    メロスは友を救い、王の奸佞邪智を打ち破るために走った。だが、全里程の半ばに到達した頃、災難が降って湧いた

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    433
    IA00730 (2020-05-03 評価=5.00)

    前方の川はきのうの豪雨で橋が破壊されていた。渡し船も残らず浪にさらわれ、濁流が躍り狂っていた
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    443
    IA00731 (2020-05-03 評価=5.00)

    メロスは流れに飛び込み、押し流されつつも、見事対岸の樹木にすがりついた。だが、先を急ぐメロスの前に一隊の山賊が躍り出た

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    450
    IA00732 (2020-05-03 評価=5.00)

    メロスは山賊を殴り倒すと、一気に峠を駈け降りた。だが疲れ切って動けなくなり、路傍の草原に寝ころがった
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    451
    IA00733 (2020-05-03 評価=5.00)

    もう、どうでもいいという、勇者に不似合いな不貞腐れた根性が、メロスの心の隅に巣くった

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    480
    IA00734 (2020-05-03)

    私は、おくれて行くだろう。王は私を笑い、私を放免するだろう。私は永遠に裏切り者だ
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    387
    IA00735 (2020-05-03)

    ああ、もういっそ、悪徳者として生き伸びてやろうか。だが、メロスは湧き出ている清水を一くち飲んだ

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    443
    IA00736 (2020-05-03)

    肉体の疲労回復と共に、わずかながら希望が生まれた。私は信頼に報いなければならぬ。いまはただその一事だ。 走れ! メロス
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    394
    IA00737 (2020-05-03)

    メロスは黒い風のように走るうちに、ほとんど全裸体となり、口から血が噴き出た。ようやく、はるか向こうにシラクスの市の塔楼が見えた

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    495
    IA00738 (2020-05-03)

    セリヌンティウスの弟子のフィロストラトスがもう諦めるように、とメロスを呼び止めた。だが、メロスは信じられているから走るのだ、と走り続けた
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    484
    IA00739 (2020-05-03)

    メロスは最後の残光が消えようとした時、刑場に突入した。だが、喉はつぶれてしわがれた声が、かすかに出るばかり。群衆の中で声は刑吏に届かない…