入力文リスト
桜の樹の下には (梶井基次郎) 6分割入力文の数= 6

桜の樹の下には屍体が埋まっている! 坂口安吾の作品にも影響を与えたと言われる、梶井基次郎のエッセンスが詰まった掌編

作家や目的で選ぶ

  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    293
    IA01852 (2021-05-14 評価=5.00)

    桜の樹の下には屍体が埋まっている! これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか
  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    277
    IA01853 (2021-05-14 評価=3.00)

    いったいどんな樹の花でも、いわゆる真っ盛りという状態に達すると、あたりの空気のなかへ一種神秘な雰囲気を撒き散らすものだ。それは人の心を打たずにはおかない

  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    292
    IA01854 (2021-05-15 評価=4.00)

    桜の根は貪婪な蛸のように、屍体を抱きかかえ、いそぎんちゃくの食糸のような毛根を集めて、水晶のような液体を吸っている
  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    335
    IA01855 (2021-05-16 評価=3.00)

    二三日前、俺は、ここの渓へ下りて、石の上を伝い歩きしていた。しばらく歩いていると、河原の小さい水溜まりの中に、思いがけない石油を流したような光彩が浮いていた

  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    273
    IA01856 (2021-05-17 評価=3.00)

    それは何万匹とも数の知れない、薄羽かげろうの屍体だったのだ。そこが、産卵を終わった彼らの墓場だった。俺はそれを見たとき、胸が衝かれるような気がした
  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    282
    IA01857 (2021-05-18 評価=4.00)

    ああ、桜の樹の下には屍体が埋まっている! いったいどこから浮かんで来た空想かさっぱり見当のつかない屍体が、いまはまるで桜の樹と一つになり、頭から離れようとしない