入力文の情報
ジャンル1
ミステリ
ジャンル2
著作権フリー
文字数
662
【タイトル】好奇心 (織田作之助)
【ひとこと】犯罪被害者はみな美人? さて、宮枝の場合は・・・?(青空文庫より)
【入力文内容】 表示する

 殺された娘、美人、すくなくとも新聞の上では。それが宮枝には心外だ。宮枝はその娘を知っている。醜い娘、おかめという綽名だ。
 あたしの方がきれいだ。あたしの方が口が小さい。おかめなんていわれたことはない。宮枝の綽名はお化け。あんまり酷だから、聞こえる所では誰も言わなかった。お化け、誰のことかしら。声だけは宮枝も女だった。
 誰でも死ぬ。クレオパトラ。白骨にも鼻の高低はあるのか。文章だけが鼻が高いと書く。若くて死んだから。あたしは養生して二百歳まで生きる。奇蹟。化石になる頃、皆あたしを忘れる。文章だけに残る。醜い女、二百歳まで生きて、鼻が低かったと。そしてさらに一生冒さず、処女!
 殺されればあたしも美人だ。あたかもお化けがみな美人である如く。お岩だってもとは美人だったと、知らぬが仏の宮枝は、ぐさりとスリルを感ずる。知らぬが仏。全く何も知らぬ。チャンスがなかったのだ。手術みたいなものかしら。好奇心の病気! 盲腸という無用の長物に似た神秘のベールを切り取る外科手術! 好奇心は満足され、自虐の喜悦、そして「美貌」という素晴らしい子を孕む。しかし必ず死ぬと決まった手術だ。
 やはり宮枝はわななく、男はみな殺人魔。柔道を習いに宮枝は通った。社交ダンスよりも一石二鳥。初段、黒帯をしめ、もう殺される心配のない夜の道をガニ股で歩き、誰か手ごめにしてくれないかしら。スリルはあった。
 ある夜、寂しい道。もしもし。男だ。一緒に歩きませんか。ええ。胸がドキドキした。立ち停まる。男の手が肩に。はっと思った途端宮枝は男を投げ飛ばしていた。
【総合評価】2.66
※総合評価は5段階評価のユーザーアンケート「内容について」の平均値です
【入力文コード】 IT00088
【投稿】TypetrekJ さん (ITA03016, 性別非公開)
【公開日】2017-10-27 20:46   (修正 2019-11-29 20:39)

【文字含有率】

 漢字ひらがなカタカナ英字数字句読点・ 記号合計
文字数196 363 28 75 662 
文字含有率29.6%54.8%4.2%0%0%11.3% -

※改行 は文字数には含まれません

【登録ユーザーのタイピングスコア】

入 力 数 回
平均入力時間 8分7秒 (487秒)
平均入力速度816 文字/10分

※同じ人が複数回入力した場合その回数分カウントされます

入力スピード(入力文字数/10分)分布
1000字~
 
0% (0)
900字~
 
33% (1)
800字~
 
33% (1)
700字~
 
0% (0)
600字~
 
33% (1)
500字~
 
0% (0)
400字~
 
0% (0)
300字~
 
0% (0)
200字~
 
0% (0)
200字以下
 
0% (0)

【アンケート】

ユーザー評価 (内容について)
 
0% (0)
 
0% (0)
 
66% (2)
 
33% (1)
 
0% (0)
難易度 (ユーザーの感想)  
 
0% (0)
 
0% (0)
 
66% (2)
 
33% (1)
 
0% (0)
【追加情報】 

・青空文庫 記載事項
表 題:好奇心
著者名:織田作之助
------------------
底本:「定本織田作之助全集 第六巻」文泉堂出版
   1976(昭和51)年4月25日発行
   1995(平成7)年3月20日第3版発行
初出:「大阪毎日新聞」
   1946(昭和21)年10月20日
入力:桃沢まり
校正:小林繁雄
2009年8月22日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
------------------
・TypetrekJ 修正点:
聴える→聞こえる、ヴェール→ベール、決った→決まった、慄く→わななく、停る→停まる