入力文の情報
ジャンル1
エッセイ
ジャンル2
著作権フリー
文字数
494

「日本には純真なんて概念は無かった」と、太宰治の子供観を述べた作品。彼の幼年時代を知る上でもヒントになるエッセイです。
【入力文内容】非表示 表示(ルビなし) 表示(ルビあり)
   部分にカーソルを合わせると入力方法などの説明が表示されます )
【総合評価】4.20
※総合評価は5段階評価のユーザーアンケート「内容について」の平均値です
【入力文コード】 IT00153
【投稿】TypetrekJ さん (ITA03016, 性別非公開)
【公開日】2018-12-15 17:01   (修正 2019-12-31 20:33)

【文字含有率】

 漢字ひらがなカタカナ英字数字句読点・ 記号合計
文字数141 300 46 494 
文字含有率28.5%60.7%1.4%0%0%9.3% -

※改行 は文字数には含まれません

【タイピング数】

入 力 数391  回
登録者の平均入力時間 8分25秒 (505秒)
登録者の平均入力速度587 文字/10分

※同じ人が複数回入力した場合その回数分カウントされます

登録者の入力スピード分布
1000字~
 
0%
900字~
 
20%
800字~
 
20%
700字~
 
0%
600字~
 
0%
500字~
 
40%
400字~
 
0%
300字~
 
20%
200字~
 
0%
200字以下
 
0%

【アンケート】

評価 (登録者の評価)
 
40%
 
40%
 
20%
 
0%
 
0%
難易度 (登録者の感想)  
 
20%
 
20%
 
60%
 
0%
 
0%
【追加情報】 

表 題:純真
著作者:太宰治
------------------
底本:「もの思う葦」新潮文庫、新潮社
   1980(昭和55)年9月25日発行
   1998(平成10)年10月15日39刷
入力:蒋龍
校正:土屋隆
2006年11月15日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
------------------
・TypetrekJ 修正点
生れた→生まれた、歎息→嘆息、冷い→冷たい