入力文の情報
ジャンル1
児童向け
ジャンル2
著作権フリー
文字数
284
【タイトル】森の神 (夢野久作)
【ひとこと】日本最初のSF作家とも言われる夢野久作(ゆめのきゅうさく)のショートショート作品。短い寓話ながら、鋭く人間世界の醜さを描きます
【入力文内容】 表示する

 森の神様が砂原を旅する人々のために木や竹を生やして、真っ青に茂りました。その真ん中に清い泉を湧かして渇いた人々に飲ましてやりました。すると大勢の人がやって来て木の下へ家を立て並べて森のまわりに柵をして、中へ休みに入る人からお金を取りました。水を飲む人からはその上にまたお金を取りました。
 森の神様はこんな意地の悪い人々を憎んで、森を枯らして泉を涸らしてしまいました。
 旅人からお金を取った人々は大層困って「何という意地の悪い神様だろう」と、森の神様を怨みました。
 森の神様は言いました。
「私はお前たちのためにこの森をこしらえたのではない。旅人のためにこしらえたのだ」
【総合評価】4.33
※総合評価は5段階評価のユーザーアンケート「内容について」の平均値です
【入力文コード】 IT00163
【投稿】TypetrekJ さん (ITA03016, 性別非公開)
【公開日】2018-12-18 11:45   (修正 2019-11-12 17:15)

【文字含有率】

 漢字ひらがなカタカナ英字数字句読点・ 記号合計
文字数87 177 20 284 
文字含有率30.6%62.3%0%0%0%7% -

※改行 は文字数には含まれません

【登録ユーザーのタイピングスコア】

入 力 数 回
平均入力時間 5分39秒 (339秒)
平均入力速度503 文字/10分

※同じ人が複数回入力した場合その回数分カウントされます

入力スピード(入力文字数/10分)分布
1000字~
 
0% (0)
900字~
 
0% (0)
800字~
 
33% (1)
700字~
 
0% (0)
600字~
 
0% (0)
500字~
 
0% (0)
400字~
 
66% (2)
300字~
 
0% (0)
200字~
 
0% (0)
200字以下
 
0% (0)

【アンケート】

ユーザー評価 (内容について)
 
66% (2)
 
0% (0)
 
33% (1)
 
0% (0)
 
0% (0)
難易度 (ユーザーの感想)  
 
0% (0)
 
33% (1)
 
66% (2)
 
0% (0)
 
0% (0)
【追加情報】 

・青空文庫 記載事項
表 題:森の神
著作者:夢野久作
------------------
底本:「夢野久作全集7」三一書房
   1970(昭和45)年1月31日第1版第1刷発行
   1992(平成4)年2月29日第1版第12刷発行
初出:「九州日報」
   1923(大正12)年11月9日
※底本の解題によれば、初出時の署名は「香倶土三鳥」です。
入力:川山隆
校正:土屋隆
2007年7月21日作成
青空文庫作成ファイル:
このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。
------------------
・TypetrekJ 修正点: 真青→真っ青、真中→真ん中、又→また