入力文リスト
下頭橋由来 (吉川英治) 18分割入力文の数= 18

「下頭橋由来(げとうばしゆらい)」は「宮本武蔵」で根強い人気を持つ吉川英治の短編時代劇。伝承に取材した人情ストーリーが力強い文章でつづられます

作家や目的で選ぶ

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    320
    IA02521 (2022-03-28 評価=3.00)

    ■飯びつ■ 十八になるお次が書道を習いはじめて、もう二年。その間、ずっと寛永通宝を一枚、帯のはさんでいる。石神井川の仮橋の乞食、岩公にやるためだ
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    362
    IA02522 (2022-03-28 評価=4.00)

    岩公はお辞儀をするが、遠慮して声はかけない。が、この日、お次は誤って銀のかんざしを仮橋の下の泥水に落とした。がっかりしていると、岩公が泥土に入って行った

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    377
    IA02523 (2022-03-28 評価=4.00)

    岩公は泥だらけになって、日が暮れるまでかんざしを探している。稽古から帰って来たお次は、はじめて岩公に声をかけた。岩公は大きなくしゃみをしていた
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    302
    IA02524 (2022-03-28 評価=4.00)

    翌日もお次が通ると、岩公はまだ探していて驚いた。岩公は「ねえ筈はねえ」と答えたものの、三日目も四日目も探している岩公に、お次は少々嫌な気がさしてきた

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    304
    IA02525 (2022-03-28 評価=3.00)

    春になり、豪雨で流された仮橋は近くに新たに造られていたが、その日ふいに岩公が駈け上がってきて、「あったよ」とお次にかんざしを渡した。お次は眼が熱くなった
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    351
    IA02526 (2022-03-28 評価=4.00)

    ■漬物倉■ 岩公は流れ来て12年程、最近は姿が見えないと心配されるようになった。泥棒や火事が減り、川へ落ちた子を救っていた。年は三十四、五、小柄だが身体は満足だった

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    315
    IA02527 (2022-03-28 評価=4.00)

    ある日、仮橋の上に旅支度の武士がじっと下を見ていたが、いきなり羽織を脱ぎ捨てると「おのれっ、佐太郎だなっ」と怒鳴った
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    359
    IA02528 (2022-03-28 評価=4.00)

    武士は河原へ飛び降りたが、岩公は上に逃げた。武士は街道に戻り、茶屋の裏に回ると「向こうだ」とどんどん駈け出した

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    370
    IA02529 (2022-03-28 評価=4.00)

    旅の武士は「弟の敵だ」と怒鳴りながら、岩公が逃げ込んだ練馬の旧家らしい家の庭に、抜き身の刀を下げて駈け込んだ。縁側で縫い物を広げていてお次の家族が悲鳴をあげた
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    397
    IA02530 (2022-03-28 評価=4.00)

    乱入武士は出てきた若い者に取り押さえられたが「拙者は小田原の岡本半助。逃げ込んだ男は隣家の若党佐太郎。妹をたぶらかし弟を殺し、妹も自害に追い込んだ奴だ」と話した

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    320
    IA02531 (2022-03-28 評価=4.00)

    武士は「お情けじゃ、追い出して下され」と言う。若いのが「あの乞食は悪人じゃねえ」と助命をかけあっても「きゃつが這いだしてくるまでここで頑張る」と話をきかない
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    355
    IA02532 (2022-03-28 評価=3.00)

    若い者たちが、竹ざおで追いだそうとする半助を妨害すると「根くらべだ」と、何日でも待つぞという風に蔵のまわりを歩き出した

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    316
    IA02533 (2022-03-28 評価=3.00)

    ■大根月夜■ 半助の足音は夜半でも外に聞こえた。お次の父親も、嫁入りが近いのに沈んでいるお次を心配するほどだった。
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    348
    IA02534 (2022-03-28 評価=4.00)

    父が「岩公もふびんだが、悪因悪果。三日三晩待つお武家の根気も見あげたもの。若い者に岩公を渡すよう説くつもりだ」と言うと、お次は「嫌、後生だから助けてやって」と泣いた

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    354
    IA02535 (2022-03-28 評価=4.00)

    お次は一心になって考えたことを、甘えながら父に囁いた…
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    364
    IA02536 (2022-03-28 評価=4.00)

    さてどんな知恵を父親に授けたのか、以降はぜひ、タイプしてお楽しみください

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    383
    IA02537 (2022-03-28 評価=3.00)

    作戦は成功するのか? 意外な結末が…
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    260
    IA02538 (2022-03-28 評価=3.00)

    「下頭橋由来(げとうばしゆらい)」吉川英治作(昭和8年)