入力文の情報
<
ジャンル1
エッセイ
ジャンル2
著作権フリー
文字数
336

だが、昼過ぎに縁側に出た時には、餌も減り水も濁っていたのでかえてやる。翌朝も遅く起きると、(昨日同様)籠は出て餌と水も新しくなっており、文鳥は千代千代と鳴いた
【入力文内容】非表示 表示(ルビなし) 表示(ルビあり)
   部分にカーソルを合わせると入力方法などの説明が表示されます )
【アンケート評価】面白さ=3.00 難易度=4.00
(登録ユーザーによる5段階評価の平均値)
【入力文コード】 IA01408
【投稿】TypetrekJ さん (ITA03016, 性別非公開)
【公開日】2020-12-09 10:18   (修正 2021-05-29 20:51)

【文字含有率】 (※改行 は文字数には含まれません)

 漢字ひらがなカタカナ英字数字句読点・ 記号合計
文字数100 212 24 336 
文字含有率29.8%63.1%0%0%0%7.1% -

【タイピング数】(登録ユーザー平均)
入力数 (回)262 
平均入力時間 4分58秒 
平均入力速度
677 
(文字/10分)
入力スピード分布 (登録ユーザー)
1000字~
 
0%
900字~
 
0%
800字~
 
0%
700字~
 
0%
600字~
 
100%
500字~
 
0%
400字~
 
0%
300字~
 
0%
200字~
 
0%
200字以下
 
0%

【アンケート】

面白さ (登録ユーザーの評価)
 
0%
 
0%
 
100%
 
0%
 
0%
難易度 (登録ユーザーの感想)
 
0%
 
100%
 
0%
 
0%
 
0%