入力文リスト
坂口安吾 作品集入力文の数= 5

坂口安吾は近現代日本文学を代表する作家の一人
幻想小説から随筆・評論などまで固定観念にとらわれない自由で率直な作品を多数残しています

作家や目的で選ぶ

  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA02439 (2022-02-11)

    耳を切り取られた耳男(みみお)が無邪気で残酷な長者の娘夜長姫(よながひめ)の為に彫る仏像とは…。坂口安吾が独特の語り口でつづる傑作説話物語
  • ミステリ
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA02167 (2021-10-09)

    本作は明治初期の日本で、紳士探偵結城新十郎らが活躍する痛快探偵小説。近年のドラマ化でも人気が高い「明治開化 安吾捕物 その一」の一篇

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA02023 (2021-07-29)

    「堕落論」は、太平洋戦争後の混乱の中で人間の根源的な姿(堕落)をホットに描く、坂口安吾の代表的評論。コロナ禍の現代日本に通じる指標も得られる
  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA01725 (2021-03-20)

    峠には人を狂わす桜の森があった。ある日、山に住む山賊は、旅人を殺し美しい女を手に入れた…。男と残酷な女が織りなす妖しい幻想世界を描く名作

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    1010
    IT00173 (2018-12-19 評価=4.00)

    戦前・戦後に活躍した小説家、坂口安吾のエッセイ。文学を志す新人に向けて書かれています。人間の問題の発見が重要と説く彼の考えには現代に通じるものも…