入力文リスト
人間失格 (太宰治) 132分割入力文の数= 132 <<  1  2  3  4  5   >>

人と異なる感性を持つために、自堕落とも思われる人生を歩んでいく主人公、大庭葉蔵。作者自身の私小説とも目される日本文学史に輝く大ベストセラー

作家や目的で選ぶ

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    416
    IA00396 (2019-09-29 評価=3.70)

    日本文学史に輝く太宰治の大ベストセラー「人間失格」。小説は「はしがき」の「私は、その男の写真を三葉、見たことがある」で始まる
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    459
    IA00397 (2019-09-30 評価=3.16)

    小説の主人公、大庭葉蔵のイヤな薄気味悪い人物像の紹介。幼年時代と学生時代の写真の説明

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    499
    IA00398 (2019-09-30 評価=3.57)

    学生時代の写真の説明。男の顔は美貌だが、怪談じみた気味悪いものが感じられる
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    515
    IA00399 (2019-09-30 評価=3.33)

    三葉めの写真に写っている男は、見る者をぞっとさせ、いやな気持ちにさせるのだった

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    600
    IA00400 (2019-10-03 評価=3.00)

    ■第一の手記■ 自分は恥の多い生涯を送って来ました。
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    508
    IA00401 (2019-10-03 評価=3.40)

    自分は、空腹という事を知りませんでした

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    433
    IA00402 (2019-10-03 評価=3.60)

    昔気質の家の食事の様子
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    535
    IA00403 (2019-10-03 評価=3.33)

    めしを食べなければ死ぬ、という言葉は、自分の耳には、ただイヤなおどかしとしか聞こえませんでした

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    583
    IA00404 (2019-10-06 評価=3.00)

    幸福の観念が他人と異なるのか、隣人の苦しみの性質、程度が、まるで見当つかないのです
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    439
    IA00405 (2019-10-06 評価=3.00)

    隣人とほとんど会話が出来ない自分が、考え出したのは、道化でした

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    557
    IA00406 (2019-10-07 評価=3.50)

    自分は、肉親たちに何か言われて、口応えした事はいちども有りませんでした
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    536
    IA00407 (2019-10-07 評価=3.00)

    自分はお道化たお変人として、次第に完成されて行きました

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    549
    IA00408 (2019-10-14 評価=3.66)

    自分は、イヤな事をイヤと言えず、また、好きな事も、おずおずと盗むように、極めてにがく味わい、言い知れぬ恐怖感にもだえるのでした
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    547
    IA00409 (2019-10-14 評価=3.33)

    父の意向に迎合し父の機嫌を直したいばかりに、深夜、客間に忍び込むという冒険を、敢えておかしたのです

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    597
    IA00410 (2019-10-17 評価=3.00)

    自分の非常の手段は、果たして思いどおりの大成功を以て報いられました
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    467
    IA00411 (2019-10-17 評価=3.00)

    自分は、学校では、尊敬されかけていたのです

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    685
    IA00412 (2019-10-21 評価=3.00)

    先生は、自分の綴り方の滑稽噺を楽しみにしていました
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    597
    IA00413 (2019-10-21 評価=3.50)

    自分は、お茶目に見られる事に成功しました。尊敬される事から、のがれる事ができました

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    601
    IA00414 (2019-10-22 評価=3.50)

    父の属していたある政党の有名人が、この町に演説に来たところ、悪口を言っていた下男たちは父には演説会は大成功だったと、嬉しそうな顔をして言っていました
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    697
    IA00415 (2019-10-22 評価=3.50)

    誰にも訴えない、自分の孤独の匂いが、多くの女性につけ込まれる誘因の一つになったような気がするのです。つまり自分は恋の秘密を守れる男であったというわけなのでした。