入力文リスト
太宰治 作品集入力文の数= 14

戦前・戦後と多くの作品を発表した太宰治
人間失格・ヴィヨンの妻、走れメロスなど
数々の名作を残しています

作家や目的で選ぶ

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA02634 (2022-05-06) NEW

    富士山がよく見える御坂峠の茶屋に滞在する29歳の太宰治。峠を旅人や花嫁が通過し、彼自身の見合い話が進んでいく。評価の高い太宰治の初期エッセイ
  • 歴史
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA02324 (2021-12-21)

    イエス・キリストへの愛に苦しむイスカリオテのユダ。だが、献身的な愛は彼に迷惑がられる…。愛と死をテーマに、魂を揺さぶる太宰治の傑作短編

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA01859 (2021-05-02)

    十人の愛人と別れるため、すごい美人だが怪力のかつぎ屋キヌ子を利用しようと企む田島。その作戦とは? 太宰治の傑作ユーモア小説(未完の遺作)
  • 青春・恋愛
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA01001 (2020-07-11)

    思春期の少女の揺れ動く心理と自意識をモノローグ形式で描く太宰治の代表作の一つ。他者や社会との関わりに悩む少女の一日を描いた異色作

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00547 (2019-12-30)

    人と異なる感性を持つために、自堕落とも思われる人生を歩んでいく主人公、大庭葉蔵。作者自身の私小説とも目される日本文学史に輝く大ベストセラー
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00548 (2019-12-30)

    太宰治のエッセンスが詰まった代表作の一つ。ベストセラー「人間失格」につながる物語を女性の語り口で描いた作品。平易でタイピングもしやすい

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00742 (2020-05-03)

    王の暴虐な行為を正そうとしたメロスは死刑を宣告され、親友を人質に三日間の猶予を求めた…。30歳の太宰治が友情をテーマに執筆した不滅の短編小説
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00550 (2019-12-30)

    太宰治は静岡県の三島に滞在して小説を執筆中。懇意になった医者のところに通う若く上品な婦人がいた。彼は興味を持って彼女の様子を見守るが…

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00551 (2019-12-30)

    宿屋で執筆中、太宰治は窓の外から聞こえてきた女性の美しい歌声に憧れを抱いていく…。太宰治の言葉への感性と女性観が描かれた好編
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00552 (2019-12-30)

    文学で用いられるノックの音、鈴の音、扉の音など、耳に残る種々の音の効果について、太宰独自の視点で切り込むユニークなエッセイ

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    416
    IT00187 (2018-12-29 評価=3.00)

    太宰治のミニエッセイ。横綱双葉山の揮毫(きごう)した「忍」の字について太宰治の評価は果たして?
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    494
    IT00153 (2018-12-15 評価=4.20)

    「日本には純真なんて概念は無かった」と、太宰治の子供観を述べた作品。彼の幼年時代を知る上でもヒントになるエッセイです。

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    968
    IT00152 (2019-01-11 評価=4.00)

    いつの時代も、有名人のプライバシーは守られないようです。彼の行動が面白おかしく噂されてしまう状況を、太宰治は烈しく批判します
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    873
    IT00151 (2018-12-19 評価=4.50)

    太宰治がある詩人から受けた忠告。嫉妬も含め、彼が他の作家からどう思われていたのか、リアルに描かれた珍しい一編です