入力文リスト
すべて入力文の数= 680 <前頁  1  2  3  4  5  次頁>

すべての作品を表示します

作家や目的で選ぶ

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    498
    IA00802 (2020-05-27) NEW

    灯台看守はなぜりんごが立派なのか、青年に説明しました。寝ていた男の子はお母さんにりんごをあげる夢をみていたようです
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    408
    IA00801 (2020-05-27) NEW

    青年がりんごを受け取り、立派さに驚いていました。ジョバンニとカムパネルラももらいました

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    332
    IA00800 (2020-05-27) NEW

    ごとごとごとごと汽車はきらびやかな燐光の川の岸を進みました。いつか灯台看守がりんごを膝の上にかかえていました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    496
    IA00799 (2020-05-27) NEW

    周囲で祈りの声が聞こえ、二人は色々のことを思い出して眼が熱くなりました。「幸いに至るための色々の悲しみも思し召しです」と青年が祈るように言いました

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    477
    IA00798 (2020-05-27) NEW

    船はずんずん沈み、甲板の格子に三人でつかまっていると、歌声があがりました。そのうち大きな音がして水に落ち、渦に巻き込まれてここに来た、と青年は続けました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    441
    IA00797 (2020-05-25) NEW

    青年は、乗っていた船が氷山にぶつかり、ボートに行こうとしたが、小さな子供たちや親たちが多くて押しのけられず、神のお前に行くほうが幸福だと思った、と言いました

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    481
    IA00796 (2020-05-25) NEW

    青年は、わたしたちの代わりにボートに乗れた人たちは助けられています、と姉弟を慰めていました。近くの席の灯台看守が声をかけると、青年は二人の家庭教師だと答えました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    353
    IA00795 (2020-05-25) NEW

    青年は二人にお母さんが待っているし、お父さんやねえさんには仕事があって後から来るから、となだめている様子です。男の子は船に乗らなければよかったと言っています

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    508
    IA00794 (2020-05-25) NEW

    青年のうしろには十二歳くらいの可愛らしい女の子がいて、男の子はジョバンニの隣に、女の子はカムパネルラの隣に座りました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    496
    IA00793 (2020-05-25) NEW

    りんごと野茨(のいばら)の匂いがしはじめました。ジョバンニは六歳くらいの男の子が背の高い青年に手をひかれて立っているのに気づきました

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    482
    IA00792 (2020-05-24) NEW

    ジョバンニはなんだか鳥捕りが気の毒になりました。話しかけようしたら、鳥捕りはいなくなっていました。窓の外にもいないようでした
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    351
    IA00791 (2020-05-24) NEW

    鳥捕りがその紙を見て「天上どころじゃない、どこでも勝手に歩ける切符だ」と言ったのでジョバンニはきまりが悪くなりました。もうじき鷲(わし)の停車場です

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    389
    IA00790 (2020-05-24) NEW

    車掌は、その紙が三次空間から持ってきたかどうか尋ね、ジョバンニがわからないと答えると返してくれました。紙には唐草のような模様に文字が10字ほど印刷してありました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    453
    IA00789 (2020-05-24) NEW

    赤い帽子をかぶった車掌が切符の検札に来ました。カムパネルラはねずみ色の切符を出し、ジョバンニはあわてながら上着のポケットにあった緑色の紙を出しました

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    464
    IA00788 (2020-05-24) NEW

    ■9 ジョバンニの切符■ 白鳥区が終わり、銀河の水にかこまれた黒いアルビレオの観測所が見えてきました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    458
    IA00787 (2020-05-22) NEW

    鳥捕りは二十匹ばかり袋に入れると、いつの間にかジョバンニの隣の席に戻っていました。そして、二人にどこから来たのか尋ねましたが、二人はよく分かりませんでした

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    371
    IA00786 (2020-05-22) NEW

    鳥捕りは鷺(さぎ)をつかまえ、布の袋の中に入れていました。捕まらなかった鳥は天の川の砂の上に降りて平べったくなり、まわりと同じいろになってしまいました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    439
    IA00785 (2020-05-22) NEW

    カムパネルラが「ただのお菓子でしょう」と思い切って尋ねると、鳥捕りは急にいなくなりました。気付くと窓の外で鳥捕りが手を広げ、舞いおりる多数の鷺を見ていました

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    439
    IA00784 (2020-05-22) NEW

    鳥捕りはその人に渡り鳥がとても多くて景気がよい、と話していました。またカムパネルラの質問に、鷺(さぎ)は水銀を蒸発させないと食べられないと説明しました
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    438
    IA00783 (2020-05-22) NEW

    鳥捕りは雁を広げ、足をチョコレートのようにちぎってくれました。ジョバンニが食べると、鳥捕りは向こうの席の鍵を持った人にも出しました