入力文リスト
芥川龍之介 作品集入力文の数= 17

短編小説を得意とした天才作家
現在も「芥川賞」に名前を残しており、
その社会風刺マインドは健在です

作家や目的で選ぶ

  • 歴史
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA02731 (2022-06-12) NEW

    江戸時代、弾圧の嵐の中で改宗を迫られる、隠れキリシタンの孫七夫婦と養女おぎん。究極の選択に直面した沈黙の中、少女がゆっくり口を開く…
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA02402 (2022-01-22)

    芥川龍之介が死の直前に人生を振り返りつづった作品。やや難解ですが、生活や女性について本音が吐露されており、タイプして深読みしたい作品です

  • 青春・恋愛
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA01906 (2021-05-21)

    明治19年、鹿鳴館で欧米の人々を招いて華やかな舞踏会が開催され、明子は17歳で参加した。彼女と仏蘭西人将校との青春の淡い思い出を描く名作
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA01827 (2021-04-24)

    あなたは魔法を習得するため、欲心を捨てることができますか? 作者のテーマの一つ「人間のエゴイズム」を描く、気楽に入力できる楽しい作品です

  • 児童文学
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA01389 (2020-11-27)

    8歳の少年が憧れる村外れのトロッコ。ある日、とうとう憧れのトロッコに乗る機会が訪れるが…。少年時代の思いを見事に描く傑作少年文学
  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00546 (2019-12-28)

    「河童(かっぱ)」は、若い男が摩訶不思議な河童の世界に入り込む冒険譚。的確な人間観察をベースに社会を鋭く風刺する、芥川龍之介渾身の代表作です

  • ミステリ
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00553 (2019-12-30)

    黒澤明のベネチア映画祭金獅子賞作品「羅生門」の原作としても有名なミステリー。盗賊はびこる平安時代、京都郊外の藪の中に男の死骸が遺棄されていた
  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00554 (2019-12-30)

    平安時代、羅生門の楼の二階で老婆が若い女の死骸から髪の毛を引き抜いていた。荒廃した平安京を舞台に人間のエゴイズムを描く芥川龍之介代表作の一つ

  • フィクション
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00555 (2019-12-30)

    「鼻」は、顎の下までぶら下がった巨大な鼻にコンプレックスを抱く僧、禅智内供(ぜんちないぐ)の物語。みごとな筆致で人間の深層心理を読み解きます
  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00556 (2019-12-30)

    昔は金持ちだった杜子春(とししゅん)。今は寝る所もなく困っていると、現れた片目の老人…、唐時代の伝奇小説を下敷きに執筆された恐怖の短編小説

  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00557 (2019-12-30)

    極楽と地獄の様子がリアルに描かれた有名な短編小説。芥川龍之介の伝奇ワールドにも親しみやすく、短く分割されていて入力しやすいでしょう
  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00696 (2020-04-07)

    芥川龍之介が横須賀線の列車で見かけたある日の風景。13歳ほどの田舎の少女の様子がみごとに活写された、すがすがしい読後感の作品です

  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00564 (2019-12-30)

    民話の「さるかに合戦」は猿に親を殺されたカニが、仲間の協力を得て仇をとる物語。本作は後日談で、復讐の一般通念を痛烈批判するパロディ作品です
  • ファンタジー
    投稿 TypetrekJさん
    入力文
    リスト
    IA00545 (2019-12-28)

    年寄りの木樵を殴る美しい女。1000字に満たない、風変わりな中国伝奇物語「女仙(にょせん)」で貴方も芥川龍之介の超常世界に足を踏み入れてみませんか

  • ハ-トウォ-ミング
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    489
    IT00156 (2018-12-15 評価=4.33)

    短い文章の中に、子供の頃、20年後、現在の3つの時代が含まれる、不思議な雰囲気を持つ芥川龍之介の掌編です。過去の記憶が蘇ると、男女は惹かれ合うのかも知れません
  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    624
    IT00168 (2018-12-18 評価=4.20)

    芥川龍之介が群馬県の伊香保温泉に行った時の思い出を描いた大正八年発表の作品。彼がお金を借りた一人乗り自動車製造の紳士はその後どうなったのでしょう、気になりますね

  • エッセイ
    投稿 TypetrekJさん
    文字数
    910
    IT00167 (2018-12-19 評価=4.00)

    芥川龍之介の筆になる谷崎潤一郎のエピソード。耽美派作家として名高い谷崎潤一郎ですが、女給がほめた「紅薔薇のようなネクタイ」とは、さてどんなものだったのでしょう?